2019タリン旅行 ~タリン市内交通編~

こんちはtetsu26です.今回はタリンの市内交通について書こうと思います.

タリン市内はバスやトロリーバス,トラムによる交通網が良く整備されているので,旅行客でも簡単に乗りこなせると思います.

とりあえず,タリン空港に到着したらバゲージドロップ出て左側にあるRキオスクでタリンの交通系ICカード「Ühiskaart」を買いましょう.カードの読み方はわからないですが問題無いでしょう多分.

こんな感じのカード

英語では「Travelcard」と呼ぶらしいです.まぁ上の画像を店員さんに見せるのが早いと思います.別にカードを買わなくても運転士さんに直接運賃を払うことで乗れるらしいのですが,めんどいのでカード買った方がいいです.ちなみにデポジットは 2€ です.

このカードにお金をキオスクなどでチャージすればもう公共交通機関を使うことができます.運賃は1ライド1€っぽいのですがよくわかんないです.n日券 (n = 1, 3, 5) を買うのが主流なんだと思います.n日券もキオスクで買えます.値段表を載せておきますね.

1日券3 €
3日券5 €
5日券6 €

n日券といってもカレンダーでの日ではなく,1日=24時間有効ということらしいです.チケットの詳細についてはこのサイトに詳しく書いてあります.

この記事を書くために調べたわかったんですが,どうやらICカードのチャージやn日券の購入はwebでもできるらしいです.しかもQRコード形式のチケットもあるっぽいですね.んじゃカードいらねーじゃん.このサイトです.

んで,交通機関に乗るとこんな感じのカードリーダーが各ドア近くについているのでタッチします.どうやら機械の矢印ボタンとかをいじると複数人ぶん1枚のカードで払えるらしいのですがやったことないのでよくわかんないです.QRコードチケットの読み取り機は前のドア付近にあるらしいです.しらんけど.

路線図は見つけられなかったので貼りませんが,グーグルマップに時刻表も含めて登録されているので問題無いと思います.グーグルマップ万歳!路線ごとに数字が振られているのでわかりやすいです.路線番号に漢字使う日本のバスはどうかしてますよね.このサイトでどこにバスがいるか調べることもできます.

シャッタースピードの関係でよく見えないけど73番
バス車内
1番トラム
古いトラムの車内

バスはSCANIAやMANのものが多かったイメージです.日本ではまだまだグローバルスタンダードなバスは普及してないので先進的な設備に感動します.トラムは町中を走る1番や2番は新車が多い感じがしましたが,空港に行く4番はレトロなトラムが多かったです.トロリーバスは今回乗らなかったんで良くわからん.

ちなみにトラム用の信号が大体の交差点にあります.日本の黄色矢印とはとは違って止まれはS,すすめは白矢印です.

あと,市内交通なのかは謎ですが,タクシーについてもちょっと書いておきます.町中に走ってる流しのタクシーは初乗り最高5.5€らしいです.しかし,タリンに何回か行ったことのあるうちの親曰く,タクシーの運ちゃんは英語が通じないらしいので,配車アプリを使うのがおすすめです.

タリンでメジャーな配車アプリは「Bolt」ってやつです(旧Taxify).街中から空港まで大体8€くらいでいけました.タクシーよりも安いですし,大人数でしたら全部Boltで移動するのもありだと思います.アプリのインターフェースもわかりやすく,使いやすいです.今回の旅行では二回使いましたが,どちらの運転手さんも親切で,車もきれいでした.ただ,ユーザー登録に電話番号認証が必要なので,海外でSMS受け取れない人は日本で登録してっちゃったほうがいいと思います.Boltのサイトへのリンクを貼っておきます.https://bolt.eu/0

市内交通についてはこんなところですかね.以下おまけとしてタリン駅で見かけた列車の画像を貼っときます.では次回はLennusadam Seaplane Harbour編…

3両?2.5両?編成の気動車
二両の客車の真ん中にパワーユニットが挟まってるのか…?

スイス・ Stadler Rail社製の車両っぽい.日本じゃ見たことないですね.ちなみに標準軌です多分.気になったのでいろいろ調べてみました.

この車両はElron社が運用している「Pisuhänd」号みたいですね.2014/3/28から運用しているとElronのサイトに書いてありました.車両自体は,おそらくStadler RailのGTWシリーズ.公式サイトには以下のように書いてありました.

The GTW, an abbreviation of the German for articulated multiple-unit train, is a single-decker regional train. With the first generation of its own articulated multiple unit vehicles, Stadler laid the foundations in 1995 for its current success as a train builder with a comprehensive passenger transport package.

The articulated multiple unit is a low-floor single-decker regional train. The tractive unit is located between the carriages, although the train is still accessible throughout. Depending on their design, the articulated multiple unit trains achieve a maximum speed of 140 km/h. They are available in trainsets of two to four cars, in narrow, standard and broad gauge, as an electric multiple unit (EMU), diesel multiple unit (DMU) or bimodal multiple unit (BMU).

https://www.stadlerrail.com/en/products/detail-all/smile/24/

ふーん.やっぱり真ん中のやつはパワーユニットらしいですね.パワーユニットだけ取り替えれば電車にもなるってことですね.Bimodal multiple unit ってのは良くわからないですけどHybrid的なやつですかね.詳しい人いたら教えてください.

連接台車ってかっこいいよね
配管丸出しでかっこよすぎる密着式連結器
気動車の向かい側にいた電車

多分こっちは Stadler Rail社製のFLIRT160シリーズ.公式サイトには以下のように書いてあります.

The FLIRT160 is a single-decker regional train. The name is everything with the FLIRT, the Fast Light Intercity and Regional Train. As a regional train with a maximum speed of 160 km/h, the FLIRT has been running successfully in a variety of climates, from Africa to the Arctic Circle, since 2004.


The FLIRT160 is a single-decker, flexibly customisable regional train. The lightweight construction in aluminium, maintenance-friendly construction and thousands of proven components help to keep running, energy and maintenance costs low. Trainsets of between two and six carriages are possible in standard and broad gauge, with an electric drive, diesel drive and even in a bimodal design. The design of the FLIRT can also be customised very flexibly in terms of seating capacity, passenger flow or interior design.

https://www.stadlerrail.com/en/products/detail-all/flirt160/29/

ふーん.これは動力分散っぽいですね.

車内はこんな感じ.新幹線と同じ2-3配列.連接台車なので車両前後に段差があり,フルフラットではないです.

連接台車よりも寝癖が気になる

タリン駅駅舎.ちっちゃい!中にキオスクがあるらしいです.

こんなところですかね.今度行ったときは乗ってみようと思います.

広告

2019タリン旅行 ~simカード編~

どもtetsu26です.今回は,タリンのSIMカード事情についてです.

エストニアには何社か携帯キャリヤがありますが,今回は Tele2 のSIMカードを使いました.タリン空港のRキオスクで買うことができます.

バゲージドロップ抜けた右側にあるRキオスク

こんな感じのやつです.詳しくはこのサイトに書いてあります.キオスクのネーチャンにSIMカードくれって言うとこれくれます.5GB,7日間でお値段 3.49€.やっす! APNなどの設定はSIMカードを挿すと自動的にされます.SIMカードをスマホに挿すとSIMカードロック?がかかりますが,SIMカードがはまってたプラカードにパスワード書いてあります.多分「0000」ですけど.

スピードは測るの忘れちゃいましたが,かなり速く,体感ではホテルのwifiよりも速かったです.また,今回はタリン市内でしか使っていないのであれですが地下以外ではどこでも圏内でした.イマドキ当然か.

ちなみに,このSIMカードに残高をチャージすることで,5GB以上,7日間以上使えます.チャージは町中のRキオスクなどのお店でできます.Viru門近くのRキオスクで「Tele2 のSIMカードをチャージしたい」と店員のおばちゃんに伝えたところ,スムーズにトップアップコードを売ってくれました.4 or 6 or 10€単位で買えるっぽいです.

すると,上の画像のようなレシートをくれるので,そのレシートに書いてある電話番号に電話するとチャージできます.(青いチェックマークがあるあたり)記号も忘れずにダイヤル! ちなみに値段は以下の表のように設定されています.

1GB / カレンダー上の一日0.99 €
SMS0.05 €

つまり,一日1GBで十分であれば’,一日あたり0.99€で使えます.しかし一日のデータ使用量が1GBを超えてしまうと,また0.99€残高から引かれてしまいます.なので実際使うときは,パッケージを買って使うのが便利だと思います.パッケージは 「95002」にキーワードをSMSで送ることで買えます.買うと言ってもクレカとかから引き落とされるわけではなく,チャージ残高から引かれるので,買いたいパッケージの値段以上の額を事前にキオスクなどでチャージしておく必要があります.キーワードとかパッケージの詳細は以下の表にまとめておきます.

パッケージ名容量 (GB)有効日数 (日)キーワード値段 (€)
Nädalapakett 5 GB
57DATA53.49
Kuupakett 15 GB 1530DATA159.49
Kuupakett 30 GB3030DATAXL14.99

「Nädalapakett 5 GB」を買うとちょうど最初にSIMカードを買ったときと同じ容量・有効日数です.

こんなところですかね.あんまり確認できてないので詳しくは述べませんが,プリペイド残高が十分あればエストニア以外の国で国際ローミングもできるっぽいです.少なくともドイツでは通じてました.ロシアでも一瞬通じました.詳しく知っている方がいらしたらコメント欄ででも教えていただけると幸いです.では.

2019/03/24 SU2262 モスクワ-タリン搭乗記

前回の記事の続きです.軽くモスクワ乗り換えから.

今回のスケジュールでは乗り換え時間は2時間ほどだったので割と余裕が無く,初めてのモスクワ・シェレメーチエヴォ空港だったので乗り換えできるか不安でしたが余裕でした.

基本的にはTransferの看板に従って歩くだけでした.途中にパスポートコントロールとセキュリティチェックがあります.パスポートコントロールは搭乗券とパスポートをチラ見するだけでスタンプとかもないです.乗り換えだけならロシアのVISAはいりません.セキュリティチェックも一応手荷物をX線に通しますが,パソコンとかは入れたままで大丈夫でした.なんならペットボトルの水も大丈夫でした.単に刃物や爆発物を持っていないか見ているっぽいです.知らんけど.

歩いて行くと上の写真のような液晶モニタがあるんでゲートを確認します.今回は到着がDターミナル,出発がEターミナル(逆かも)でしたが歩いて10分くらいでした.

タリンってチャイ語だと塔林って書くんですね.

無事ゲートに到着.そういえば,シェレメーチエヴォ空港は座る場所がないとかお店がないとかいう情報もありますが,D,Eターミナルに限って言えば全然そんなこと無く,椅子もはたくさんあり,お店もたくさんあります.成田のイミグレ抜けてからのまともなお店のNASAに比べればはるかにまし.

そんなこんなで搭乗です.飛行機オタクなら何の機材かわかると思いますが…

スホーイスーパージェット100

旅客機作ってたんかワレェ!

機内は2-3配列で普通でした.トイレもこんな感じ.いつも飛行機に乗ると思うんですがトイレに貼ってある「ゴミは流さないでください」シールってややこしいですよね.トイレットペーパーはゴミに含まれるのか否か微妙です.海外だと割とトイレットペーパーは流さないところが多いので.この機材,割とトイレットペーパーを流せないトイレが多い(勘)ロシアの人が多いこともあり,トイレのゴミ箱から芳醇な香りが漂ってました.

2時間のショートフライトでしたけど飯出ました.スモークターキーとチーズのサンドイッチ+リンゴ+フルーツバンドとかいう謎の菓子でした.まぁ味は普通.飲み物はジュース系と水・お茶だけで炭酸飲料や酒は積んでませんでした.

フルーツバンドとか言う謎のやつ

フルーツバンド,見た目はやばそうですけど味はプルーン.

そんなこんなで到着です.タリンに到着してからはバタバタしてたんで写真撮ってませんでした.タリン空港ではEU圏のパスポートコントロールがあり,ほぼ顔パスではんこ押されます.タリン空港はちっちゃいので迷うことは無いでしょう.

2019/03/24 SU261 成田ーモスクワ 搭乗記

ども,tetsu26です.春休みで暇なんでブログでも書こうと思います.いろいろあってエストニアのタリンへ行くことになったので,その道中でも書こうと思いますわ.

タリンへは日本からだと直行便がないのでどっかしら経由していくわけですが,今回は訳あってモスクワ経由にしました.訳は次の記事に書くかもです.この記事は成田ーモスクワ間で乗ったアエロフロートSU261の搭乗記です.

今回はオンラインチェックインしていたので成田ではバゲージドロップだけでした.この日は10時からバゲージドロップスタート.SU261はモスクワ経由のパリ行きなんでフランス人なおばさんとか結構いました.

機材はみんな大好き777-300ER.安定.この日はほぼ満席でした.ちな飛行時間は10時間くらいです.

機内エンターテインメントシステムはちょっと古めのやつ.機内エンターテインメントシステムの外れを引くのが得意な僕ですが,

当然のように途中で死にました.こんなこともあろうかとKindle Fireにグランドツアー入れといたんで何も問題は無いです.

クソ安エコノミーなのにスリッパとアイマスクは配られました.このアイマスク,片面は「Do not disturb」,逆側は「Wake me up for meal」になってて,爆睡機内食スキップを回避できそうです.いいですね.

機内食は二回でて,こんな感じ.一回目はSeafood or beef だったらしいのですが No choice でした.悲しい.シーフードドリアみたいなやつでそこそこおいしかったです.サラダ枠に寿司がいました.サーモンとたくあん巻きです.味はスーパーの寿司って感じ.あとはモスモスしたパンとゲロアマチョコレートケーキでした.

二回目も Seafood or beef で写真のやつは beefです.Seafood は一回目機内食のドリアのソースをうどんにかけたやつでした.beefはラザニアのマカロニ版みたいなやつ.おいしかったです.サラダは記憶にないけどスモークターキーと何かだった希ガス.

日本海を抜けてからはずっとロシア上空を飛んでいるので眺めはよかったです.地理の教科書に載ってそうなうねった川と三日月湖が見れて満足です.見える範囲ずっと直線な道路とかも見えました.ロシアってでかいな.

これはウラル山脈を越え,生まれて初めてヨーロッパに入った瞬間ですね.やったね.

これは気流が悪いところでヒクヒクするエルロン.かわいい.10時間のフライト時間の内,二時間ぐらいはエルロン見てました.

なんやかんやでモスクワに到着.いいフライトでした.

モスクワではゲートではなくまさかのバスゲート.777-300ERでバスゲートってすごくね?雪が降ってたんで寒かったです.

SU261の搭乗記はこんなところですかね.次回トランジット・SU2262編

ウラジオストク旅行~まとめ~

九月に行ったウラジオストク旅行記のまとめです.(今更)気が向いたら追加で書くかもしれないですが多分向かないです.各見出しが記事へのリンクになっているのでクリックしてください.

ウラジオストク旅行

まず,決意表明ですね.前回の台湾旅行記は途中でめんどくさくなってしまったので.まぁ今回もめんどくさくなりましたが.

ウラジオストク旅行~その0:準備編~

準備編と題してVISAについて軽く説明とVISAは絶対に印刷していけよって言う注意喚起ですね.

ウラジオストク旅行~その1:出発編~

今回の旅行参加者の自己&他己紹介と飛行機・空港アクセスについての話です.ウラジオストク空港から鉄道で市内を目指す人には役に立つと思います.ロシアの列車はでかくてかっこいいですね.

ウラジオストク旅行~その2:sim購入編~

さて,あまり他の旅行記では見かけなかったSIMカード買う編です.この記事なんだか情報量少ないですね.この辺の記事は滞在中に宿のクソ遅ネットワークで書いているので写真あげるのが大変でした.参考にはなるんじゃないかと.

ウラジオストク旅行~その3:ホテル編~

ホテル編です.いいホテルでした.おすすめです.

ウラジオストク旅行~その4:要塞博物館・鷹巣展望台編~

いきなりオタク感増してすいません.オタクにはもちろんおすすめですが非オタクな方でも楽しめると思います.展望台はいろんなブログで取り上げられてますし今更言うこともないでしょう.天気いいと最高ですね.

ウラジオストク旅行~その5:沿海地方水族館編~

もう最後の記事です.水族館についてです.一人旅のオタクには縁が無いかもしれないですが家族旅行などで行く人にはお勧めです.

以上です.計画では~その6:カニ編~が続くはずだったんですけどなんか面倒くさくなったのでとりあえずウラジオストク旅行記は以上にします.一言で言えばウラジオストクは蟹が安くておいしいです.

今後,ウラジオストクに行こうと思っている方の役に立てれば幸いです.何か質問等ありましたらコメント欄にでも書いてください.ありがとうございました.最後にまとめとして僕のインスタの投稿を貼っておきます.